学資保険をこれから検討する人にとっては、

  • 月々どれくらい支払えばいいの?
  • どれくらいの金額が必要なの?

とお悩みになるでしょう。

 

一般的には児童手当をそのまま学資保険の支払いに充てている人が多いことが分かります。でもそれで賄えるのでしょうか。

 

学資保険を選ぶのにあたって、金額設定をどのようにすればいいのか、必要な費用なども明確にしながら説明していきましょう。

 

学資保険は月々いくら支払うのがいいの?

  • 学資保険の保険料は一般的に月1万円~2万円が多い
  • 一般的な満期金額は200万円前後が多い
  • 高校から大学卒業までに文系私立約968万円、国公立約777万円が必要になる

 

学資保険をこれから申し込むに当たって、どれくらい支払えばいいのか、どれくらいの満期金にしておけばいいのかお悩みになると思います。データを調べてみた一般的な金額をお伝えしていきましょう。

 

一般的な保険料は月1万円~2万円

さまざまな学資保険の商品販売サイトを確認してみると、保険料で一番多いのは月1万円から2万円であることが分かります。なかでも1万円から1万5千円が多く見られます。

 

これは国からの補助金である児童手当の金額に合わせたもので、中学卒業までは児童手当をそのまま学資保険に当ててしまおうという考えです。これは家計の負担も少なくて済みますから、人気の支払い金額になるのも理解できるでしょう。

 

ちなみに子供が0歳から18歳まで支払い続けるとして、月1万円支払えば216万円になります。返戻率が105%であれば226万8千円になりますから、大学入学時に必要な資金がまかなえるでしょう。

 

一般的な満期金額は200万円前後

一般的な満期金額を調べてみると、200万円程度になっていることが分かります。これは次の章でも詳しくお伝えしますが、大学の教育費に関係していることが分かります。

 

大学の入学費用は文系私立大学で約90万円、国公立で約80万円。1年間の在学費用は文系で約160万円、国公立で約115万円となっています。

 

文系私立大学に入学するなら初年度で約250万円、国公立なら195万円が必要であることが分かります。

 

これを見るとおおむね200万円を貯めておきたいと考えるのも理解できるでしょう。

 

いつまでにどれくらいの金額が必要なの?

日本政策金融公庫の調べに寄りますと、高校入学から大学卒業までに必要な金額は、文系私立大学に進学した場合では約968万円、国公立大学に進学した場合では約777万円となっています。

 

そう考えると、私立大学に進学することを考えれば、卒業までに約1000万円が必要になることが分かります。ただしそれらの金額は高校3年間から大学4年間までの7年間の総額であり、大きな金額が必要になるのは大学入学時の1年間です。

 

先ほども申し上げましたが、文系私立大学に入学するなら初年度で約250万円、国公立なら195万円を目安として貯蓄することが大事になってきます。あとの資金は学資保険ではなく、通常の貯蓄で補うことも可能でしょう。

 

子供の教育費の実態は?

  • 幼稚園から高校までの教育費は公立で約540万円、私立で1770万円
  • 大学入学費用は文系私立90.4万円、理系私立85.5万円、国公立80.1万円
  • 大学卒業までに必要な費用は文系私立730.8万円、理系私立826.7万円、国公立539.3万円

 

子供の教育費の実態を調べてみました。大きな金額になることがお分かりになるでしょう。詳しくご説明いたします。

 

幼稚園から高校までの教育費は?

公立 私立
教育費総額 約540万円 約1770万円

※参考:文部科学省 平成28年度子供の学習費調査の結果について  http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf

 

文部科学省の平成28年度の調査によりますと、幼稚園から高校3年間での教育費は上記の通りとなっています。

 

すべて公立に進学した場合と私立の場合になっていますが、当然ながら高校から私立に入学するようなことも見られますので教育費は状況によって異なります。

 

幼稚園3年間から高校3年間までの15年の平均値から考えると、公立進学においては年間36万円、月3万円の計算となります。私立の場合では、年間118万円、月約9万8千円となります。

 

大学の入学費用は?

文系私立 理系私立 国公立
90.4万円 85.5万円 80.1万円

 

※日本政策金融公庫~平成30年度「教育費負担の実態調査結果」~https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/kyouikuhi_chousa_k_h30.pdf

 

日本政策金融公庫の調査によりますと、大学入学費用は上記の通りとなっています。あくまで各大学の平均値ではありますが、これくらいの教育資金は考えておかねばなりません。

 

これに加えて1年間の在学費用が必要となります。

 

文系私立での1年間の在学費用は160.1万円、理系私立では185.3万円、国公立では114.8万円となっていますから、大学初年度には大きな出費になることがお分かりになるでしょう。

 

大学卒業までに必要な費用は?

文系私立 理系私立 国公立
730.8万円 826.7万円 539.3万円

 

入学資金、在学費用から大学4年間で必要な費用を計算してみると、以上の費用が必要になることが分かっています。このように費用を見てみると、大学4年間ではまとまった金額が必要となります。

 

それでは学資保険200万円でもぜんぜん足りないのでは?」と考えるかもしれませんが、多くの人は奨学金制度、教育ローンなどを利用することになります。奨学金については大学生のおおよそ半分は利用しているといいますし、教育ローンは金利も低いのが特徴です。

 

学資保険選びのポイントは?

  • いつまでにいくら必要になるのか考えておきましょう
  • 家計と相談し無理のない範囲で支払いできるようにしましょう
  • 学資保険返戻率に着目し少しでも有利になるようにしましょう

 

学資保険選びは上記がポイントになります。順番にご説明しましょう。

 

いくら必要なのかを考える

公立 私立
幼稚園(3年) 702,000円 1,446,,000円
小学校 1,932,000円 9,168,000円
中学校 1,437,000円 3,981,000円
高等学校 1,353,000円 3,120,000円
大学(昼間部) 2,665,200円 5,446,400円
8,089,200円 23,161,400円

 

※参考:文部科学省 平成28年度子供の学習費調査の結果について  http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf

 

ただやみくもに学資保険を利用するのではなく、進学についてどのようなスタンスを持っているかによっても教育資金は変わってきます。

 

上記表は文部科学省が調査した平成28年に調査したものですが、公立に進学するのであれば大学卒業までで約800万円、私立に進学するのならば約2300万円が必要であることが分かります。

 

この金額を一度に支払うことの出来る人はそれほど多くないでしょうし、すべて貯金で賄うことが出来る人も少なくないでしょう。

 

国からの補助金である児童手当などによって学資保険をうまく活用し、足りない分に関しては奨学金、教育ローンなどを利用するといいでしょう。

 

無理なく支払うようにする

多くの人は学資保険の資金を児童手当によって賄っています。中学卒業までは支給されますので、この資金を活用することがいいのではないでしょうか。

 

学資保険の支払いはすべて18歳までではなく、15歳までで支払い終えることも可能です。15歳まででしたらすべて児童手当で賄うことが可能なのです。

 

仮に毎月1万円ずつ積み立てたとして、0歳から18年間であれば216万円になる計算です。返戻率が105%であれば226万8千円になりますから、大学入学資金と1年間の在学費用は賄うことが可能です。

 

高校卒業までは日常的な貯蓄で賄うようにして、大学2年目からは奨学金や教育ローンを利用するのであれば問題なく大学卒業までを乗りきることができます。

 

返戻率に注目する

「返戻率」とは、支払い総額に対する受け取り金総額の割合を指しています。

 

0歳から18年間、1万円ずつ支払えば216万円になる計算ですが、返戻率が105%であれば226万8千円になります。返戻率が110%であれば、237万6千円となります。こう考えると返戻率が多い方が有利になるといえるでしょう。

 

ただし返戻率は運用期間によっても変化しますので、長くなればなるほど返戻率は高くなる傾向にあります。そのため0歳から支払いはじめるのと5歳から支払いはじめるのでは、同じ金額を支払うとしても返戻率に差が出てきます。

 

学資保険を考えるのであればできるだけ早く、長く支払う方がお得になるという性質をしっかりと理解して商品を購入することが大事になります。

 

まとめ

学資保険は月々いくら支払うのがいいの?」いう疑問に答えるために、教育費などを詳しくお伝えしました。

 

まとめてみると次のようになっています。

 

  • 学資保険の保険料は一般的に月1万円~2万円が多い
  • 一般的な満期金額は200万円前後が多い
  • 高校から大学卒業までに文系私立約968万円、国公立約777万円が必要になる

 

このように見ると、学資保険では賄ないきれないのではと考える人も多いでしょうけど、多くの人は奨学金や教育ローンも併用しながら費用を用意しています。

 

みなさんの家計にあった商品を選ぶことが大事です。記事を読み返してじっくりと学資保険を選んでみましょう。